SLで掘り起こす環境需要

3fead2fdfef77273a1a75fe6c336f477_m

かつての日本の鉄道の顔ともなっていた列車と言えば、SL。今ではその姿を定期列車として見ることは、ほぼ無くなりましたが、最近ではSLの物珍しさを武器にして、観光需要を掘り起こそうとしている路線も登場してきています。

そのうちの一つが、福島県と新潟県の山岳部を走るJR磐越西線です。2015年に開催された福島県を舞台にした観光キャンペーン「福島デスティネーションキャンペーン」のフィナーレを飾る列車として運行され、多くの鉄道ファンや福島県民に力強く走るSLが、元気を与えていました。その後も季節限定列車などでSLの運行が行われており、磐越西線の一種の名物となっています。

SLを観光の起爆剤としているのは地方部だけではなく、日本有数の都会・名古屋でもSLを用いた観光誘致の動きが始まっています。市内を走る第三セクター鉄道・あおなみ線にSLを走らせて観光客を呼び込むという、河村たかし市長自らが打ち出した政策で、過去に一度だけ、名古屋市内をSLが走行しました。しかし都市部ゆえに環境問題がシビアなことや、更には維持費などのSL固有の問題が重なり、2回目以降の実現にはまだ至っていないのです。

SLが走る大都会構想はなんとか諦めずして、継続していただきたいと思います。
SLで観光客を呼び込む動きは、今後も全国各地で増加するのではないかと思います。