電線を地中に埋めて、

b26d6b6a13880f74746b57bbcf9e78c1_m

私は、たまたま公立図書館で、電線を地中に埋めて電柱をなくすことについて書いてある本をみかけました。またあるTV番組で、電線の地中化について扱ったものを観たことがありました。

電線電柱が道路に出ているのは、見た目もあまり良くありません。まるでクモの巣がはっているようで、都市の美観をそこないます。また昨年の9月の関東東北の大雨のため常総市が、洪水の被害がでたのですが、その際にヘリコプターが逃げ遅れた人を救助するために飛んでいた映像が映しだされていました。その映像を見ると電線、電柱が救助の邪魔になっているように見えたのです。ヘリコプターの操縦士は電線に引っかからないように操縦していたのですが、やりづらかったのではないでしょうか。その時思ったのですが、電線電柱が無ければやりやすかったのでしょう。たまたま電柱は倒れていなかったので、感電した人はいなかったようです。

地震の時は電柱が倒れ道路を塞ぐことになりかねません。そのため緊急車両が通行できなくなります。そのため被害が大きくなるのではないかといわれています。電線が地中埋まっていればそういうことはないのです。

電力会社や電話会社は、電柱を立てた方が経費を安くできるので、電線電柱をそのまましておくのでしょうが、道路の上空は電力会社や電話会社のものではないはずです。都市美観のためにも、電線の地中化を進めてもらいたいものです。私の見たTV番組でも日本の電線地中化はアジアの主要な都市よりも桁違いに悪いとのことでした。