転職するなら良く考えてからにしよう

a3ce620e85588298f8162d398f002d37_m

薬剤師も30代となると社会ではもはや若手とはみなされなくなる年齢で、一部の病院などの医療機関の求人も35歳までと年齢制限をもうけているところが多い状況です。結婚して子供もいて家のローンまで抱えていては絶対に危ない橋など渡れません。そのような中で薬剤師がいかに転職を成功させるかを考えてみたいと思います。

30代ともなれば社会人経験10年以上ある年齢であり、その経験がその人にしかない財産です。その財産をいかに有効活用するかが転職成功へのカギとなります。財産とは技術や知識、人脈です。 ポイントは・・・

  1. 20代得た技術や知識をそのまま活かせる職業に転職する。中途入社というのは新入社員のような教育はされませんのでいきなり仕事をさせられます。周りも仕事ができる人なのかできない人なのか見ています。やったことがない仕事をしてつかえない人というレッテルを貼られるのは避けたいものです。これまでの経験が活かせる職業であれば滑り出しはスムーズにいきます。
  2. 友人・知人など縁のある会社に転職する。中途社員は同期がいませんし、知らない人だらけのところに飛び込むというのは不安が大きいものです。友人・知人がいれば会社になれるのも早くなります。またその会社の仕組みや仕事の進めかたなど気兼ねなく訊ける人がいるというのはかなり助かります。
  3. 転職サイトなどを如何に活用できるか。薬剤師向けの転職サイトは非常に多く存在しますので簡単に選ぶのが難しい状況です。ここはそれぞれの薬剤師転職サイトの特徴をまとめたサイトを参考にするのが簡単です。口コミ情報などを参考にすれば、その転職サイトが評判が良いかわかりますし、場合によっては転職そのものを止めようと思うかもしれません。

まとめますと30代で転職がするかどうかの分かれ目は20代でどれだけの財産をもてているかということになります。財産がない人は転職しないことをお勧めします。そして、転職する場合は徹底的に調査することです。

猫、飼いませんか?

6029b3f64f34072504244bc735112b19_m

我が家には、猫が一匹います。 ペットとはいえ、大切な家族の一員です。

まだまだ日本国内での知名度は低い、北アメリカ原産のメインクーンという種類の男の子です。このメインクーンという猫は、イエネコの中では最大種と言われており「ジェントルジャイアント」なんて別名もあるんです。その「ジェントルジャイアント」の名の通り、身体は大柄ですが性格は穏やかな子がとても多いんですよ。

我が家のメインクーンさんも例に漏れず、体重約8キロ、体長は鼻先から尻尾の先までで1メートル20センチはあります。ですが性格はおっとりとしていて、人の膝に乗るのが大好きな甘えん坊さんです。

また、メインクーンには特徴的な鳴き方があります。それは普通の猫のような「ニャー」というものではなく、身体の割りには高い声で「クルルルニャーン」という鳴き方です。「囀り」と呼ばれる事もある位に可愛らしい鳴き声なんですよ。我が家にいらしたお客様は、その大きな身体を見て「ニャーゴ、とさぞ威厳のある声を出すんだろう」と思うそうなんですが、実際に鳴き声を聞くと大抵は驚かれます。

それにメインクーンはとても賢い事でも有名です。我が家の子は犬の様に「取ってこい」をします。賢いあまりキャリーケースのかんぬきも開けちゃうので鍵が必須です。 もちろん猫も犬も、雑種でもどんな子でも可愛いですが、このメインクーンという猫は猫好きさんにはたまらない種類じゃないかと思います。

派遣会社は口コミを徹底チェック

d4fc1d136b73f8d7f10f7248235c1b7e_m

薬剤師の私は、派遣社員になって10年以上になります。就職氷河期世代で地元の求人は本当に悲惨な状況でした。就職出来ないまま短大を卒業しフリーター生活を送りながらハローワークに通いました。

しかし、なかなか採用してもらえず不採用続きでした。当時、新卒を雇ってくれる会社はありませんでした。卒業した年で、なんでこんな目に合わなくてはいけないのかと高い学費を払って薬剤師の資格を取ったことを悔やんだりしました。

そんな時に、求人雑誌で、派遣社員のことを知りました。派遣社員は、未経験でも働いてスキルを身につけることが出来るなどいいことばかり書いていたので当時正社員の求人に不採用続きだった私は、派遣の働き方に興味が出ました。すぐに派遣会社に電話して登録会へ行き派遣スタッフとして登録しました。登録したのは口コミでも評判が良かったファルマスタッフ

そして、未経験でも働かせてもらえる会社を紹介してもらい働きました。しかし、リーマンショックになり派遣先の会社は派遣社員を次々切っていきました。会社の都合が悪くなると、すぐに解雇されるのは派遣です。私は、それを身をもって体験しました。確かに派遣で働いて思ったのは、スキルは確かに上がるし、正社員より有能な人が多くよく働く人が多いです。

中には、派遣だからと割りきって時間ぴったりに帰る人もいますが。しかし、派遣社員は社会的弱者だと思います。正直いって派遣は、生活が安定しません。いつ契約を切られるかビクビクしながら生活しています。収入が安定しないのに結婚なんて出来るわけがない。なんでこんな世の中になってしまったのかと絶望しています。

ナウル共和国いいね

f5b0810e23fdbc18724e04e6383153c6_m

かなり前に録画したテレビをクイズ番組を観ていたら、こんな国があったら住みたいと思いました。そのクイズ番組の問題は「東京都より小さい国を答えよ。」という問題でした。

そこで出てきたのがナウル共和国でした。その番組に先生が出ていて解説をしていました。ナウル共和国とは、アホウドリなどの海鳥の糞の蓄積でできたリン鉱石の採掘によって栄えたみたいで、世界で最も高い生活水準を享受し、税金を徴収せず、医療、教育は無料、年金制度は全年齢に対する給与としての支給を初めとした手厚い社会保障を提供していたが、20世紀末に鉱石がなくなり、経営崩壊してしまい、今は外国の支援に依存しているみたいです。

しかし、前半部分の国が成り立つのならこんな国に住んでみたいと思いました。さすがに国としての経営は難しいでしょうが、なんとか人民協力して国がなりたって、頑張っていければなんとかやっていけるなら住んでみたいと思いました。

日本でも税金を高くしてくれてもいいから教育医療無料化はするべきかなっと思います。それで税金が高いのなら納得できます。しかし、日本は高齢化社会だかやなかなかそういうわけにもいかないんでしょうがね。